• HOME
  • SPACE
  • コンセプト
  • SPACE
  • 業務案内
  • SPACE
  • ムービー
  • SPACE
  • メディア
  • SPACE
  • オーナーズ
  • SPACE
  • 会社案内
  • SPACE
  • よくある質問
  • SPACE
  • お問い合わせ
  • SPACE
  • ブログ
TK-スクエア・PRODUCT
PRODUCT
  • エンジン関連
  • 起動系関連
  • エキゾースト関連
  • ブレーキ関連
  • サスペンション関連
  • TKスペシャル関連
  • DMEチューニング関連
  • アルミホイール関連
  • 外装パーツ関連
PRODUCT
POWER PULLEY
BACK

2007年式(一部の車両は既に溶接式です)までのデフは純正でもリングギヤの固定をボルトで行って
いたのでLSDの交換が安易に出来ました。しかし、最近のBMWの純正デフは、リングギヤが
デフ本体に溶接で接合されている為、LSDの交換が不可能でした。
少し前までは流用による交換も可能でしたが、その流用部品が廃止になり部品すら入手できなく
なったことと、ファイナルが変わってしまう事により取付車種も限定されてました。

そこでどの車種でもLSDの取り付けが出来るように思案して、試行錯誤の結果、以下の方法で
LSDの取り付けが可能になりました。
DCT、AT、MT、と、すべての車種で取り付けが可能です。
スポーツ走行には必須のアイテム。
LSDを付けてよりスポーティーな走行を楽しんでください。

 

リングギア加工&LSD取り付け

E82 E89 LSD
■1
 リングギアとデフを固定する溶接部を削っていきます。
 リングギアは焼き入れしてあり、非常に硬いので無理な
 力を掛けないように慎重に少しずつ切削していきます。




※画像をクリックで拡大します

■2
 溶接部を削り取って、分離が完了しました。





※画像をクリックで拡大します
E82 135i LSD
■3
.切り離したリングギア まだ段が付いているのでこれも
削り取って完全な平らな面を出していきます。

これも慎重に無理な力を掛けないよう少しづつ削るので
大変時間が掛かります。

この面出しは非常に重要で、ギアに対して平行でないと組み付けて走行した時に“うなり音“が出たりギアが偏磨耗して極端に寿命が短くなることがあるので慎重に加工していきます。
※画像をクリックで拡大します


E82 135i LSD
■ノーマルとPMC装着後の比較テスト            ※リックで閉じる
■4
面出しが完了しました。






※画像をクリックで拡大します
E82 135i LSD
■ノーマルとPMC装着後の比較テスト            ※リックで閉じる
■5
.ボルトを使ってLSDを固定する為、下穴を開けてその後
ねじ山を作ります。
最初にも述べましたが、ファイナルギアは焼入れをして
あるので非常に強硬で、並みのドリルやタップでは
歯が立たない為に、別の機械加工にて加工します 。


※画像をクリックで拡大します
E82 135i LSD
■ノーマルとPMC装着後の比較テスト            ※リックで閉じる
E82 135i LSD
■ノーマルとPMC装着後の比較テスト            ※リックで閉じる
■6
.加工終了後、念のためクラック(ヒビ)が無いか
チェックしておきます。
先ずは赤色の浸透液をかけて浸透液を洗い流した後、
現像液をかけます。



※画像をクリックで拡大します



ここでクラックがあればひびの中に浸透液が入り込み、
現像液をかけると浸透液を吸い出してひびの部分が
赤く浮かび上がってきます。
今回は問題ないようです。


※画像をクリックで拡大します
E82 135i LSD
■ノーマルとPMC装着後の比較テスト            ※リックで閉じる
■7
.リングギアの完成です。






※画像をクリックで拡大します
E82 E89 LSD
■ノーマルとPMC装着後の比較テスト            ※リックで閉じる
■8
.後は規定トルクで締め付けて
通常のLSD組み付けと同じです。





※画像をクリックで拡大します
E82 135i LSD
■ノーマルとPMC装着後の比較テスト            ※リックで閉じる
■9
歯当りの確認と調整を厳密に行います。






※画像をクリックで拡大します
E82 135i LSD
■ノーマルとPMC装着後の比較テスト            ※リックで閉じる
■10
.バックラッシュ調整を行います。






※画像をクリックで拡大します

OS技研製 スーパーロック使用(加工、組込、調整、部品代込)
1シリーズ 3シリーズ Zシリーズ等 ¥396,000(税別)

OS技研製 TCD使用(加工、組込、調整、部品代込)
1シリーズ 3シリーズ Zシリーズ等

¥470,000(税別)

注)デフ脱着工賃は別途ご負担頂きます。
bottom
TK-135R TK-135R TK-M5R TK-F50
ニュース イベント情報 業務案内 オリジナルブランド・VELZES セール アクセスマップ 会社概要 お問い合わせ メディア リンク